プライバシーポリシー

個人情報保護指針

個人情報に関する基本方針

当院は、個人情報保護に関する日本の法令を遵守し、個人情報の正確かつ安全な取り扱いを社会的責務と考え、以下のことを宣言いたします。

1. 当院は、個人情報保護に関する運用規定を策定し、全ての職員が遵守することにより、個人情報の適切な管理に努めます。
2. 当院は、個人情報の保護の重要性について、職員教育を実施するほか、個人情報保護の管理者を置き、監督・管理の体制を確立します。
3. 当院は、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩を防止するための安全対策を施し、安全な管理に努めます。
4. 当院は、個人情報の収集・利用・提供については、その収集目的・使用範囲の限定を明示するとともに、個人の人格尊重の理念の下適切な管理に努めます。

医療法人社団藤聖会
女性クリニックWe富山
 理事長 藤井 久丈
 院長 種部 恭子
制定 平成18年7月13日

個人情報保護法に基づく利用目的について

Ⅰ 利用目的の明示について

(1)通常必要な範囲の利用目的
当院が取得した個人情報は、患者様が当院で診療を希望される場合において、通常必要な範囲の利用目的を次のとおりとさせていただきます。この場合、患者様から明示的に留保の意思表示がない場合においては、患者様の黙示の同意があったものといたします。
(ア)患者様自身への医療サービスの提供のため
(イ)患者様への医療サービスの提供のため、他の医療機関等との連携を図るため
(ウ)患者様への医療サービスの提供のため、外部の医師等の意見・助言を求めるため
(エ)患者様への医療サービスの提供のため、他の医療機関等からの照会があった場合にこれに応じるため
(オ) 患者様への医療サービスの提供に際して、家族等への病状の説明を行うため

(2)患者様の意思表示に関わらない利用目的

次に掲げる利用目的においては、患者様の意思表示に関わらず、患者様の黙示による同意があったものといたします。
(ア)法令に基づく場合
(イ)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(ウ)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(エ)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

Ⅱ 《患者様の同意又は申し出》

上記に示した利用目的の中で同意しがたいものがある場合には、その事項について、予め本人の明確な同意を得るよう当院に求めることができます。但し、患者様より意思表示がない場合には患者様の同意が得られたものとさせていただきます。 なお、当該事項についての同意及び留保は、その後、患者様からの申し出により、いつでも変更することが可能です。

Ⅲ 第三者への提供

当院では、例外規定及び同意が得られていると考えられる場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者へ提供することはありません。
(1)第三者提供の例外規定
(ア)法令に基づく場合
(イ)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(ウ)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(エ)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

(2)同意が得られていると考えられる場合
第三者への情報の提供のうち、前項「Ⅰ 利用目的の明示について」において明示されている利用目的については、原則として黙示による同意が得られているものとします。

(3)第三者に該当しない場合
(ア)検査等の業務を委託する場合
(イ) 同一事業者内における情報提供
(ウ)外部監査機関への情報提供
(エ)特定の者との間で共同して利用する際に、あらかじめ本人に通知してある場合

(4)個人情報管理責任者
個人情報管理責任者として以下の者を定めます。

医療法人社団藤聖会 女性クリニックWe富山 事務長 小泉 公二

医療法人社団藤聖会
 理事長 藤井 久丈
 院長 種部 恭子
制定 平成18年7月13日
改定 平成28年4月1日

個人情報提供の受け取りに関わる委任状について

以下よりダウンロードをお願いします。

個人情報提供の受取に関わる委任状(PDF:74KB)