ウィメンズヘルス

HOME  >  ウィメンズヘルス > 女性検診

女性検診

婦人科検診を希望される方へ

以下の流れにそってご確認ください

検診フローチャート.JPG


検診Web予約システムはこちら

検査の内容・検査で分かることについて

子宮がん検査(細胞診)
子宮頚がん検査と子宮体がん検査があります。がんを疑うような異常な細胞がないかを調べる検査です。
検査方法は専用の道具で子宮の出口(頚部)や子宮の奥(体部)から細胞を採取します。

josei01.jpg

① 子宮頚がん
子宮頚がんを引き起こすのはHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスです。HPVは一度でもセックスの経験がある女性なら、その回数、期間、人数に関わらず誰でも感染の可能性があります。感染しても自覚症状はほとんどありません。

子宮頚がん検査とその結果の判定について

② 子宮体がん
子宮体がんは50~60歳代の閉経後の女性や出産の経験がない人、月経不順があった人に多いといわれていますが、原因ははっきりしていません。最近は若い人の発症も増加しています。
月経過多や40歳を過ぎてからの不正出血があるときは一度受診、検査をしましょう。

卵巣・子宮検査(経腹または経膣超音波(エコー)検査)
超音波(エコー)を使って卵巣や子宮の状態を検査します。
性交経験のない女性はお腹の上からのエコー(経腹超音波)を行います。
子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣腫瘍などの病気は超音波検査でみつけることができます。


年代に応じた女性健診(自費検診・ドック)

従来の女性向けの企業・住民健診は、胃がん、肺がん、大腸がんを中心に乳がん、子宮頚がん検診などを追加して行っています。しかし、女性にとって重要な性感染症や甲状腺、卵巣の検診などは行われていませんでした。
卵巣嚢腫や子宮内膜症は、10~20代の若い女性での発症が多く、また性感染症や子宮頚がんも増えています。
そして、ライフスタイルの変化により乳がん、子宮体がん、卵巣がん、子宮内膜症が増加しています。
これらの疾患を見逃さず人生のプランを立てるために、年齢やライフスタイルにあわせて必要な「生き方」を支える女性健診をお勧めします。

健診内容についてはこちら