ブレストケア

HOME  >  ブレストケア > エピテーゼ(着脱可能複製人工乳頭)

エピテーゼ(着脱可能複製人工乳頭)

jinkou001.jpg乳房全摘手術を行う際、癌の広がり方によっては乳頭を切除しなければならない場合があります。
乳房再建術は当院でも積極的に行っておりますが、乳頭の再建術は現在行っておりません。乳頭乳輪再建方法として皮膚移植術や入れ墨などがありますが、患者様のご負担の大きさや技術の点などから、まだまだ行っている病院は少なく、それに変わるアプローチとして用いられるものが肌に貼り付けて使用する「複製人工乳頭」です。

現在日本では体の表面に貼り付ける人工補てん物を一般的に「エピテーゼ」と呼んでいます。欧米においてエピテーゼは医療と連携して提供され、広く認知されています。

jinkou002.jpg当院では(乳房に特化した)上記の技術をクリニック内に導入したことにより、医師との連携をはかりながらより気軽に低価格で提供することが可能となりました。

基本的には手術後健常側の乳頭よりかたどりしますが、ご希望があれば術前に切除する側の乳頭をかたどりすることも可能です。手術後の喪失感をほんの少しでも軽減していただけたら幸いです。お気軽にお問い合わせください。


おすすめポイント!


●温泉入浴やスポーツ、日常生活等で使用可能
●完全オーダーメイド
●万一の破損時用に2個セット

詳しくはブレストケアまで 076-493-5351(担当:伊藤)